Windowsパソコンでインターネットを閲覧しているときに、次のような問題になったら、この記事を参考にしてください。

  • インターネットが読み込みが遅い

  • ブラウザの画面が固まった

  • PCのインターネットが異常に遅い

  • パソコンが有線なのに遅い

  • ブラウザの表示が遅い

  • IE・Chromeが遅い

  • パソコンのインターネットが繋がらない

  • インターネットが夜だけ遅い

上述の状況になったとしたら、ちょっとイライラしますよね。大切なメールを送ったり、何かを予約したりしているときにトラブルが起これば、きちんと送信されたか気をもむこともあるでしょう。そこでこの記事では、Windowsパソコンのネットが遅い・重いと感じたときに考えられる原因と、その解決方法を説明していきます。

Part 1:パソコンのネットが遅い・重い原因

パソコンのインターネットが遅いのは主に以下の10つの原因と考えられます。

  1. ネット通信障害

  2. ネットへの接続方式が間違った

  3. 回線混雑

  4. 無線LAN

  5. 有線LAN

  6. ネットへの接続機器に問題がある

  7. パソコンのインターネット関連部分に問題がある

  8. パソコンに問題がある(OS、不要なソフトなど)

  9. ブラウザにキャッシュがたまった

  10. パソコンがウイルスに感染された

次では、以上の原因別で問題の改善法を紹介していきます。

Part 2:パソコンのネットが遅い・重い原因別の対策

1. ネット通信障害

ネットが重い原因が通信障害にある場合は、インターネット回線やプロバイダーの通信障害が原因として考えられています。使用しているインターネット回線やプロバイダーのウェブページなどで通信障害が起きているか確認できます。事業者は場合によって、ネットがメンテナンスをしているか、DoS攻撃という外部からの攻撃を受けているかという情報をサイトに公開しています。ぜひチェックしてください。

対策

もし、原因が通信障害だったなら、解決方法は通信障害からの回復を待つことだけで、特にほかにできることはありません。そのため、もしあまりに頻繁に通信障害が起きるようであれば、プロバイダーの変更を検討するのもひとつの方法です。

2.ネットへの接続方式が間違った

ネットへの接続方式が間違ったことはネットが重くなる原因の一つです。使っているインターネット回線のIPアドレスがIPv4方式の場合、ネット回線の混雑によって接続が重くなっている可能性があります。IPアドレスをIPv4からIPv6方式に変えたら、ネットの回線速度が大幅に改善されます。

対策

現在の接続方式については、各プロバイダーのウェブページなどにアクセスするだけで簡単に調べられるので、ぜひチェックしてみましょう。

tips

少し手間をかけるだけで回線速度が飛躍的に上がるのなら、やってみて損はないですよね。注意点として挙げられるのは、IPv4からIPv6への変更方法は、各プロバイダーによって異なるということです。ほかのプロバイダーの情報は参考にならないので、自分が使用しているところのウェブページなどで確認することが重要です。

3. 回線混雑

昼は快適に通信できるのに夜になると、

  • ネットが重くて遅くなっている

  • インターネットの読み込みが遅れ始める

  • 通信速度が明らかに遅れている

  • 動画の再生が途切れ始める

という状況になったとしたら、回線混雑が原因として考えられます。その場合、次の3つの対策方法を利用してください。

対策

  • IPv6 IPoE方式に対応している光回線へ切り替える

IPv6 IPoEは「網終端装置」を経由せずにインターネットへ接続できるため、アクセスが込み合っても光回線本来持っている速度を引き出しやすいですから、夜でも快適に通信できますから、夜だけネットが遅い場合、光回線をIPv6 IPoE方式に切り替えてください。

  • v6プラス対応の光回線へ切り替える

v6プラスとは、「IPv4通信データ」を「IPv6 IPoE通信」としてカプセル化しているインターネット通信の「トンネリング」という技術の1つです。そして、このv6プラスへ切り替えたら、IPアドレスをとわず通信できます。さらにISP認証が不要で夜間でも高速なネット通信が可能です。

tipsv6プラス通信を利用したら、新しいWi-Fiルーターを利用してください。もしWi-Fiルーターが対応していないなら利用できない可能がります。
  • NURO光やauひかりへ切り替える

NURO光とauひかりは10Gbpsの通信プランまで提供しているから、最速通信ができる光回線を選択したい場合、NURO光やauひかりを選択してください。通信エリアに対応している場合、NURO光をオススメします。auスマホを使っている場合、auひかりをオススメします。

4.無線LAN

家や会社の無線LANがインターネットの通信速度に対応していなっかたり、デバイスまで電波が届いいなっかたりして、無線LANがネットが遅い・思い原因としたら、次の2つの対策を試してください。

対策

  • 一時的に有線LANケーブルを利用してインターネットへ接続

  • 無線LANルーターの近くでは速度が出ているか確認

5.有線LAN

ケーブルの状態が悪くなったり、対応していない規格のケーブルを使用したりして、有線LANがパソコンのネットが遅い・思い原因になったら、有線LANが原因で、通信速度が遅くなっていることがあります。

対策

  • 断線またはケーブルの上に物が置かれていないか確認

  • 使用している LANケーブルの規格を確認

  • 正しい規格のLANケーブルを使用

  • バンドを使ってタコ足で絡まりあったコンセントをきれいにする

6. ネットへの接続機器に問題がある

ネットへの接続機器がトラブルの原因である可能性もあります。多くの場合、モデム・光回線終端装置(ONU)・ルーターが原因になってネットが重くなっているケースがあるので、確認してみましょう。ここでは、それぞれの具体的な内容について説明していきます。

モデム・光終端装置・ルーターなどのネット接続機器によってネットが重くなっている可能性がある場合は、まずこれらの接続機器の状態を今一度よく確認してみましょう。これらは、一度接続してしまえばそのままにしてしまいがちなものですよね。

人によっては、何年も変更していないかもしれません。これらの機器は、インターネットを毎日長時間利用することで不調を起こす恐れがあり、それが原因でネット回線への接続が不安定となるケースが散見されます。

対策

ネット接続機器に問題があると考えられるなら、まずこれらの機器を再起動すると改善の可能性があるでしょう。再起動方法は機器によって異なりますが、一般的にはまず電源コードを抜き、すべてのランプが消えた後に10秒くらい経ってからもう一度電源コードを差し直します。つまり、再起動とは機器を操作するような難しいものではなく、簡単に行えるものなのですね。電源コードを差し直したら、不具合が解消されたかどうかを確認していきましょう。

7.ブラウザのバージョンが低い

通信が低速な場合、パソコンのインターネットに関連する部分が影響している可能性もあります。ここでは、ブラウザのバージョンが低い原因です。そのについて説明していきます。

ネットを閲覧するときのソフトはブラウザといいます。ブラウザの代表的なものには、Google ChromeやInternet Explore(IE)、safari、Firefoxなどがありますよね。ブラウザのバージョンが古い場合、通信速度が出ないことがあります。

対策

今使っているブラウザが最新バージョンでないならば、最新のものへとアップデートすることで問題が解決される可能性があるでしょう。

8.パソコンに問題がある(OS、不要なソフトなど)

キャッシュを蓄積したり、使っているパソコンのOSが最新の状態になっていなかったり、バックグラウンドで動作しているソフトに何らかの不具合があったり、不要なレジストリを蓄積したりしている場合、パソコンを使っていていつも処理速度が遅いように感じるケースもあるでしょう。その場合は、パソコン自体に問題がある可能性が高いです。パソコンが重い、あるいは遅いときに考えられる原因と解決方法について見ていきましょう。

対策

  • パソコンの起動と同時に立ち上がる設定になっているソフトを手動で立ち上げるように設定を変更したり、バックグラウンドでの動作が不要なソフトを停止したりすることで、パソコン全体の処理速度の改善が見込めるようになります。

  • バックグラウンドで動いているソフトのうち、使っていないものや今後も利用予定がないものをアンインストールします。

  • レジストリエディタを使って、不要なレジストリを削除します。

  • ファイルを削除したり、ディスククリーンアップという機能を実行したり、インターネット一時ファイルを削除したりしてください。

もしパソコン全体の処理速度が上がったり、不要なレジストリを一括削除したり、ディスククリーンアップを実行したりしたいなら、無料メンテナンスソフト「Advanced SystemCare(アドバンスドシステムケア)」をオススメします。なぜこのソフトか、次の理由へ!

  • 1クリックだけで不要や無効なレジストリを削除しディスクを解放できる

  • ブラウザの設定を最適化することでインターネットの速度を遅くしている原因を解消できる

  • すべてのアカウントもまとめて丸ごとクリーニングしてプライバシーを保護できる

  • 悪意のあるリンクを含むメールや疑わしい送信者をブロックでき、Webメールを保護できる

  • 専門知識不要で初心者にもすぐできる

  • 世界で2億5000万人もの人が利用しているソフトなので、信頼性が高く安心して使える

それでは、さっそく、このソフトをダウンロードして、不要なジャングルファイル、レジストリを削除して、パソコン全体の処理速度が上がってましょう!

ステップ1:Advanced SystemCareをWindows 10/8/7/XPパソコンにダウンロードして、起動します。次の画面でネット通信速度を高速化したい項目を選択してください。

ネット通信速度を高速化したい項目を選択

ステップ2:しばらくすると、スキャンが終わります。その結果画面で削除されたファイルが表示されます。「修復」ボタンをクリックしたら、Windowsパソコンの問題を一層最適化できます。

「修復」ボタンをクリック

tips

こちらはフリーソフトなので、無償で利用できます。さらに、有償版の「Advanced SystemCare Pro」にアップグレードすると、PCの更なる高速化も見込めます。

9. ブラウザにキャッシュがたまった

キャッシュとは、インターネットの閲覧を速くするためのしくみのことです。一度見たウェブページのデータを保存しておき、次に同じページを見るときにデータの読み込みの負担を軽くすることができ、画面の表示速度が速くなるのです。キャッシュの保存容量は、ブラウザによって決まっています。

重いネット接続は、キャッシュが蓄積されていることが原因のこともあります。キャッシュが多くたまっていればいるほど、すでに閲覧したベージに関しては読み込みが速いです。

対策

新しいページを開くのには時間がかかってしまいます。この問題は、キャッシュを削除すれば改善されます。キャッシュの削除方法はブラウザによって異なりますが、全体的に同じです。ここで、Googleを例にして、ブラウザののキャッシュを削除する方法について説明します。

ステップ 1:Googleで右上にあるGoogleメニューボタンをクリックボタンをクリック > 「履歴」をクリック > 「履歴をを消去」をクリックして、上部で期間を選択します。すべて削除するには、「全期間」 を選択します。

ステップ 2:「Cookie と他のサイトデータ」 と 「キャッシュされた画像とファイル」の横にあるチェックボックスをオンにします。「データを消去」をクリックします。

「データを消去」をクリックして重いネットを解決

10.パソコンがウイルスに感染された

パソコンが、ウイルスやスパイウェアなど、悪意のあるプログラムに感染しているときも、動作が遅くなる可能性があります。それらのプログラムが悪さをしているせいで、パソコンの処理速度に悪影響が出ているパターンも考えられるからです。

ウイルスなど悪意あるプログラムに感染すると、パソコンの処理速度に影響するのみではなく、データを抜きとられるなどの犯罪に巻き込まれる危険性もあるでしょう。パソコンを安全に使うためにも普段からセキュリティソフトを入れておき、常に安全対策を万全にしておくことが重要ですね。

対策

パソコンがウイルスやスパイウェアに感染してしまったら、ウイルス対策ソフトなどのセキュリティソフトを用いれば駆除できます。ここで、無料セキュリティ対策ソフト「IObit Malware Fighter(マルウェアファイター)」をオススメします。

ネットが重い原因を解決して快適なPCライフを!

この記事では、インターネットを利用しているときにPCが重く感じられる原因と、その解決方法について説明してきました。個人でできる対処法もありますが、パソコンに詳しくないと難しい方法もあります。一方、「Advanced SystemCare(アドバンスド システムケア)Free」のような、簡単にパソコンの状態を改善できるものもあるので、この記事の内容を試して、快適なPCライフを送っていきましょう。