Release: 2023/01/11

Win10タスクバーが消えて表示されない/おかしい時の対処法

win10でタスクバーが消えた?パソコンを再起動しても、タスクバーが表示されないままです。タスクがおかしい原因が多いが、本記事では、主にある原因とタスクバーが消えた場合の対処法をまとめて紹介します。

一、win10タスクバーが消えた原因

タスクバーが消えたことはwin10パソコンの使用中によくあることです。その原因は大きく下記いくつかあります。

1. 自動隠す

2. エクスプローラーがクラッシュした

3. 解像度が問題

4. フルスクリーン

ネットサーフィンしている時に、タスクバーが消えたなら、ほぼフルスクリーン モードが原因です。

二、win10タスクバーが消えた時の対処法

Windows10パソコンの多くの操作がタスクバーが必要で、タスクバーが消えたら、大変不便をもたらします。

頻繁にタスクバーが消える場合は?下記9つの対処方法を紹介します。1つずつ対照しながら、タスクバー表示されない問題を解決していきましょう!

対処法1.自動に隠したかどうかをチェックする

タスクバーが自動的に隠す場合は、タスクバーが消えたように見えます。この場合の解決が一番簡単です。

マウスのカーソルをパソコン画面一番下のところ(画面の上や左右も可能)に合わして、タスクバーが上へ表示されますか?表示される場合、「常に表示する」に設定することをおすすめします。

操作する手順は以下です:

1.タスクバーを右クリックします。

2.「タスクバーの設定」を選択します。

3.「デスクトップ モードでタスク バーを自動的に隠す」をオフにします。

もし、カーソルを画面の周囲上下左右に合わしたとしても、タスクバーが表示されないままなら、次の2つの方法でタスクばーを常に表示されるように設定できます。

方法1:

1.Win + Rを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

2.『control』を入力して、「ok」をクリックすると、コントロール パネルが開かれます。

3.「タスク バーとナビゲーション」を選択します。

こうして、「タスク バーの設定」を開くことができました。

方法2:

1.デスクトップの空白のところで、マウスを右クリックして、「個人用設定」を選択します。

2.開かれたウィンドウの「タスクバー」を選択します。

3.「デスクトップ モードでタスクバーを自動的に隠す」をオフにします。

ちなみに、タスクバーの位置がおかしくて、下ではなく、左揃え、右や上に行っちゃれた場合は、上記の設定するウィンドウで画面上のタスク バーの位置を「下」に設置すれば解決できます。

対処法2.エクスプローラーを再起動する

エクスプローラーのクラッシュもwin10タスクバーが消えた原因の1つです。この場合は、エクスプローラーを再起動することで、タスクバーが表示されないエラーが解決できます。操作は以下です。

1.Ctrl + Shift + Esc を同時に押して、エクスプローラーを開きます。

2.「ファイル」-「新しいタスクの実行」を選択します。

3.開かれた「新しいタスクの作成」ウィンドウに『explorer』を入力して、「ok」をクリックします。

4.その後、エクスプローラーの再起動を待つとよいです。

対処法3.グラフィック ドライバーをリセットする

グラフィック ドライバーがシステムに交換性がないことも、win10タスクバーが消えた原因の1つです。この場合は、グラフィック ドライバーをリセットすると、win10タスクバーが表示されないエラーが解決できることもあります。

操作がとても簡単です。

Ctrl + Shift + Win + Bを同時に押して、短い「ビー」という音の後、パソコン画面が真っ黒になり、その後画面が戻ります。消えたタスクバーも表示されます。

この方法は、グラフィック サブ システムのみ再起動したので、その他のプログラムが作動しつつあり、再起動されることなどないため、ゲーム中でも安心に使える方法です。

対処法4.グラフィック ドライバーを再インストールする

グラフィック ドライバーをリセットしても、タスクバーが表示されないままであれば、ドライバーを再インストールすることでタスクバーが消えたことが解決できる場合もあります。

ドライバーの更新なら、効率的で簡単なドライバーを更新できるツールDriver Booster(ドライバー ブースター)をおすすめします。

1.Driver Boosterを無料ダウンロードして、インストールします。

2.インストールしたDriver Boosterを起動して、「スキャン」をクリックします。

3.スキャンが終わった後、検出できた古いドライバーの右側の「更新」ボタンをクリックすれば完了です。

対処法5.タブレット モードを解除する

win10のデスクトップパソコンがタブレット モードに切り替えた場合は、タスク バーが表示されないこともあります。そのため、win10タスクばーが消えた場合は、タブレットモードを使用しているかどうかを確認することで、タスクバーが消えた問題を解決できる場合があります。

タブレットモードに切り替えない設定は以下です。

1.win + I を同時に押して、「設定」を開きます。

2.「システム」-「タブレット」を順に選択します。

3.「サインイン時の動作」を「タブレット モードを使用しない」に設定し、「このデバイスをタブレットとして使用する時」を「タブレットモードに切り替えない」に設定します。

対処法6.解像度の設定を確認する

パソコン ディスプレイの解像度設定がおかしい時、タスクバーが半分しか表示されないか、タスクバーがおかしいか、タスクバーが消えて表示されないように見える可能性もあります。この場合は、解像度を適切に設定すれば、タスクバーが消えたエラーが解決されます。

操作は以下です。

1.マウスをデスクトップの空白のところで、右クリックします。

2.「ディスプレイ設定」を選択します。

3.開かれたウィンドウに、「ディスプレイの解像度」を推奨の解像度に設定します。著者が使用しているディスプレイは、1920×1080です。

ご注意:ここの数値は使うディスプレイ実際の状況によって、変わります。

対処法7.セカンドスクリーン表示モードを確認する

もう1台のディスプレイ、プロジェクターやテレビなどに接続したことのあるwindows10パソコンがタスクバーが消えて表示されない場合も時々あります。この時は、セカンドスクリーン表示モードで映す画面を「PC画面のみ」に設定すればタスクバーの消えた問題を解決できます。

操作は簡単です。Win + P を同時に押して、画面の右側から下記画面が現れます。そこで、「PC画面のみ」を選択すれば完了です。

対処法8.フル スクリーン モードをオフにする

ブラウザのフル スクリーン モードでウェブページを閲覧していれば、小さなネットブックの画面やハイビジョンテレビを最大限に活用することができます。しかし、全画面で表示されているため、タスクバーは表示されなく、消えたように見えます。フル スクリーン モードをオフにすることで、タスクバーを表示されることができます。

Google Chrome、FireFox、Microsoft Edgeブラウザが共通で、F11を押すことで、フル スクリーン モードをオン/オフできます。



関連記事

Windows 10/7/8/XPのスピーカー・イヤホンから音が出ない原因と対処方法

Release: 2023/01/12

Windows 10/8/7を搭載しているパソコンがいつも正常に音が出ますのに、急にスピーカーから音が出なくなりました。イヤホン・Bluetoothイヤホンを挿しても音が出ないケースもあります。もしこのような状況になったとしたら、この記事を参考にして、PCの音が出ない原因と設定・対策をマスターしましょう!

PCドライバーとは?Windowsパソコンの神経の役割を果たす

Release: 2020/10/14

Windowsパソコンの神経の役割を果たすドライバーとは何ですか。PCドライバー、デバイスドライバーは違いがありますか。ドライバーの役割って何でしょうか。代表的なドライバーをおすすめ、などすべてのことをこの記事で説明していきます。

【最も簡単】Windows 10のタスクバーがフリーズして反応しない?動かない?原因と対策まとめ

Release: 2022/11/14

最も簡単!Windows 10のタスクバーが反応しない問題が起こっていますか。ここで、6つの原因と11つ対処法を説明しています。この問題に悩んでいる方はぜひお見逃しなく!