ドライバーとは何か?

パソコンでマウスの操作をしたときに画面上のポインターが動いたりキーボード入力したものが画面で反映されたりするのは、ドライバーがデバイスを動かしているから、というのはご存知でしょうか。

上記で説明したように、コンピュータとデバイスをつなげる、神経のような役割を果たしてくれているのがドライバーなのです。

ドライバーを最新に保とう

そんなドライバーも、ソフトウェアと同じように、最新版に更新する必要性があるのは知っていますか?

ドライバーの更新をせずに、古くなっていくと、セキュリティを確保できず脆弱化していきます。では、ドライバーの更新はどのように行うのでしょうか。

Windowsでは、デバイスマネージャーから古くなっているドライバーを探し、最新版をダウンロードしてインストールできます。

また、ドライバーの製造元のウェブサイトから最新版をダウンロードして、手動で更新するという方法も一つです。

簡単にドライバーを更新する方法

しかし、手動で一つずつドライバーの更新を行うのは面倒だと感じる人も多いのではないでしょうか。

ドライバーが古くなっているかどうかを定期的に確認するのも面倒ですし、つい忘れてしまうこともあると思います。

そこで、便利なドライバーの更新方法としてこのソフトを使うことをお勧めします。

ドライバー更新ソフトであるDriver Boosterを使えば、 面倒な更新作業をワンクリックで行うことができます。

Driver Booster なら古くなったドライバーを自動で更新もでき、さらに安全なドライバーのみをインストールしてくれるので非常に便利。

ドライバーを更新せずそのままにするのは危険です。無料版からお試ししてみてはいかがですか?

さらに詳しく知りたい方は下のリンクをクリック↓


Driver Booster のメイン機能


パソコンのトラブル防止や、パフォーマンスの改善

パソコンのトラブル防止や、パフォーマンスの改善


面倒なドライバーアップデートが自動で行える

面倒なドライバーアップデートが自動で行える


脆弱性を狙われやすいアプリをまとめてアップデート

脆弱性を狙われやすいアプリをまとめてアップデート


【この記事でご紹介した無料ソフトの詳細はこちら】