IObit Malware Fighter ユーザーマニュアル

IObit Malware Fighter

IObit Malware Fighterは、パワフルかつ包括的にPCをリアルタイムで保護するマルウェアとウィルス対策プログラムです。世界をリードする Bitdefender アンチウィルスエンジン、Iobit アンチマルウェアエンジン、アンチランサムウェアエンジンに対応しているので IObit Malware Fighterを使って最新のスパイウェア、アドウェア、ランサムウェア、トロイの木馬、キーロガー、ボット、ワーム、ハイジャッカー、ウイルス等が削除できます。

それだけでなく IObit Malware Fighterでは、ランサムウェアガード、ブラウザー保護、セキュリティガードにより、ウェブサーフィンとシステムのさらなる安全性を確保します。新しいセーフボックスと改良されたアンチランサムウェアエンジンがダブルで PC を最新のランサムウェアから保護します。MBR をターゲットにした悪質な攻撃から PC を保護するために追加された MBR ガードは、GoldenEye や Petya attacks 等の悪質な攻撃から PC を保護します。その他にも皆様の尽力によりパワーアップした Iobit クラウドセキュリティにより大幅にデータベースが拡大し、脅威検出,削除機能の向上を図ることができました。

システム要求

対応オペレーティングシステム

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10

ハードウェア要件

1 GHz 以上のプロセッサー

1 GB の RAM

1,000 MB の空きディスク容量

1024*768画像解像度以上

ダウンロードとインストール

1) Click here to download the latest IObit Malware Fighter 6.

2) ダウンロードした IObit-Malware-Fighter-Setup.exe をダブルクリックしてインストールを開始します。

アンインストール

Windows 8:

スタートを開く -> コントロールパネルをクリック -> プログラムをアンインストールをクリック -> IObit Malware Fighterを探して[アンインストール]をクリック -> 画面の指示に従う

Windows 10 :

スタートを開く -> [設定]をクリック -> 設定メニューで[システム][アプリ]をクリック -> 左のパネルから、[プログラムと機能]か[アプリと機能]を選択 -> IObit Malware Fighterを探して[アンインストール]をクリック -> 画面の指示に従う

アップデート

PRO 版のユーザーは、 プログラムとデータベースを自動更新する のオプションに初期設定でチェックを入れる事で常に最新のバージョンとデータベースをご利用頂けます。

Free 版のユーザーは以下のような方法で、 IObit Malware Fighter を手動でアップデートできます。

1) メイン画面の右上にあるをクリックして、[アップデートを確認]を選択し、可能であればプログラム、データベースのアップデートを行います。

2) データベースが古くなっている場合は,メイン画面のをクリックする事でもアップデートできます。

3) システムトレイのアイコンを右クリックして[アップデートの確認]を選択します。

ライセンス認証

注: PRO版へのライセンス認証には有効なライセンスコードが必要です。もしライセンスコードを紛失した場合は、こちらから検索して下さい。または こちらを をクリックして新しいライセンスをご購入下さい。

IObit Malware Fighterメイン画面の右下の角にある[ライセンスをお持ちの方はこちら]のリンクをクリックして、ライセンスコードを入力し[ライセンス認証]ボタンをクリックしてPRO版にアップグレードします。

ライセンスの管理 - PRO版にアップグレードしたら、画面の右下にあるライセンス管理のリンクをクリックしてライセンス情報の詳細を確認し、ライセンスを[再認証]したり [ライセンスの出力]をしたりします。

メイン画面

これは IObit Malware Fighter をインストールして開始した時に初めて見る画面です。

PC ステータス

IObit Malware Fighterを開くと、現在のPCの状態により次の4つのPCステータスが表示されます。

1.PCは安全です - IObit Malware Fighter により PC 完全に保護されているということを表しています。

2. PCは危険な状態です - IObit Malware Fighter が完全には機能していないという事を表しています。次のような状況で表示されます。

1). データベースが古くなっている。

2). ブラウザー保護やセキュリティガードの機能が完全にオンになっていない。

その場合は、[全て修正]ボタンをクリックします。するとプログラムによりブラウザー保護やセキュリティガードの全ての機能がオンになり、データベースのアップデートも同時に行われ、PCは完全に保護されます。

3. お使いのPCは一度もスキャンされていません - IObit Malware Fighter のデータベースは最新ですが、IObit Malware Fighter により PC をスキャンした事がないということを表しています。これは初めて IObit Malware Fighter をインストールした時や IObit Malware Fighter のクリーンインストールをした後に表示されます。

4. PCは、XX 日間スキャンされていません - これはデータベースは最新ですが、PCはIObit Malware Fighter で3日以上スキャンされていないことを表しています。PC のセキュリティの為にスキャンを促す通知です。

スキャンと保護エンジン

またメイン画面にて3つのエンジンのステータスと詳細を確認することができます。

IObit アンチマルウェアエンジン は、IObit Malware Fighter の主要な機能で初期設定により有効にされています。PCのセキュリティの為に無効にする事はできません。

アンチランサムウェアエンジン は初期設定ではオフになっています。IObit Malware Fighter PRO にアップグレードした際にランサムウェア攻撃から PC を保護するために手動で有効にして下さい。

Bitdefender エンジン は初期設定でオフになっています。IObit Malware Fighter PRO にアップグレードした際に手動で有効にして下さい。

それぞれのエンジンアイコンにマウスを移動すると、エンジンのステータスの詳細とデータベースのバージョンが表示されます。展開アイコンをクリックすると以下のようにメイン画面に3つのエンジンが展開されます。

通知センター

右上の角にあるをクリックすると、全ての未確認通知を確認して、データベースの更新やエンジンの有効化等、通知をもとに操作を進められます。

Scan

以下のスキャンウィンドウでは、IObit Malware Fighter の3種類のスキャンが可能です。: スマートスキャン、フルスキャン、カスタムスキャン

スマートスキャン - PC 内の最も主要なセクションを素早くスキャンします。

フルスキャン - 全てのハードドライブを包括的にスキャンし深刻な感染を検出し削除、隔離します。基本的にフルスキャンは、スマートスキャン、カスタムスキャン、右クリックスキャンよりも時間がかかってしまいます。

カスタムスキャン - 選択した項目のみをスキャンします。それ以外に、PC 内の全てのディスクを表示しさらにシステムの重要な部分悪質なプロセスといった最も感染しやすい場所も表示します。それぞれのチェックボックスにチェックをいれ、スキャンボタンをクリックするとスキャンが開始されます。ディスク内の特定のフォルダだけをスキャンするので素早く行う事ができます。またドラッグ&ドロップでファイルやフォルダーを直接スキャンすることもできます。

右クリックスキャン - スキャンウィンドウの3つのスキャンモードの他に IObit Malware Fighter では右クリックスキャンができます。スキャンしたい項目で右クリックを押して、IObit Malware Fighter のコンテキストメニューでスキャンを選択します。

新しいバージョンでは、[スキャン履歴]と[自動スキャン]へのクイックアクセスを3つのスキャンオプションとともにスキャンウィンドウに追加表示しました。

スキャン履歴 - スキャンウィンドウの右下にある[スキャン履歴]をクリックするとスキャン履歴のまとめが開きます。そして[詳細を見る]をクリックしてスキャンの詳細を確認できます。

自動スキャン - 自動スキャンの設定に進み、PC に最適なスキャンを設定できます。

スキャンプロセス

スキャンを始めると(スマートスキャンとフルスキャン両方)、以下のようなスキャンプロセスが表示されます。だたしカスタムスキャンと右クリックスキャンに関しては、データベースとファイルの初期化の2つのプロセスしかありません。また、ルートキットスキャンは、IObit Malware Fighter PRO でのみ利用可能です。

自動削除をチェックすると、スキャンの後に自動的に脅威を削除します。ドロップダウン矢印アイコンをクリックすると、写真にあるように自動削除, 削除後に PC をシャットダウンする, 削除後に PC を再起動する, 削除後に休止状態にする、と削除後にスリープするの5つの選択肢が表示されます。

スキャン結果

1) 脅威が検出されなかった場合、スキャン結果では 脅威は検出されませんでした。PCは安全です。と表示されます。そして PC の状態によって、フルスキャンを行って下さい等、推奨アクションが示されます。

2) 脅威が検出された場合は、スキャン結果で検出された脅威に関しての詳細情報が表示されます。

脅威を右クリックすると、6つの操作が表示されます。

[ファイルの場所を開く] - ファイルの場所を開いて検出された項目を探します。

[全て選択] - クリックすると全ての脅威を選択できます。

[全て選択を解除] - クリックすると全ての選択を解除できます。

[選択範囲を反転する] - クリックすると選択範囲を反転できます。

[除外リストに追加] - 選択した脅威を除外リストに追加し、リストから削除されない限りはスキャンされないようにします。

[レポートを保存] - スキャン結果をログファイルに保存します。このレポートを確認し、誤検出があった場合は分析の為当社に送信して頂くこともできます。

[削除] をクリックして検出された脅威の削除ができます。[キャンセル] をクリックして検出された脅威に対処しない選択もできますが、PC のセキュリティを確保するためには、検出された全ての脅威を削除することをお勧めします。

誤検出をレポート - 誤検出の場合は左下にある[誤検出をレポート]のリンクをクリックしてフィードバックウィンドウを開き、Iobit にご連絡下さい。 IObit サポートチームで誤検出を分析し、善処いたします。

注:誤検出レポートの手順詳細はこのマニュアルの誤検出をレポート のセクションにありますので、参考にして下さい。

ランサムウェアガード

ランサムウェアガードには、アンチランサムウェアエンジンセーフボックスの2つの機能があります。両方とも目的はランサムウェア攻撃から PC を保護することですが、おのおのの要件を満たす別な方法で保護します。アンチランサムウェアは PC 上の設定で選択された種類のファイルを保護しますが、セーフボックスはそこに追加された指定フォルダーを保護します。

[設定]をクリックして、要件に応じて設定することができます。以下を参考にして下さい。

ブラウザー保護

サイドバーの[ブラウザー保護]をクリックして以下のウィンドウを開きます。この機能はブラウザーをリアルタイムで保護し、安全でスムーズなウェブサーフィン環境を確立します。ブラウザー保護には脅威からブラウザーを保護する以下の6つの機能があります。

ホームページプロテクト - ブラウザーホームページと検索エンジンのささいな変更も監視し、悪質な変更を防ぐため変更の取り消しを通知します。現状では、Internet Explorer, Google Chrome, Mozilla Firefox と Microsoft Edge に対応しています。[詳細] のテキストリンクをクリックして保護ステータスと履歴を確認したり、以下のようにお好みで設定を変えることができます。

トラッキング対策 - ブラウザーを閉じた際のモニタリングや悪質トラッキングデータの自動削除によりトラッキングから PC を保護します。現状では、 Internet Explorer, Google Chrome, Firefox と Microsoft Edge に対応しています。 IObit Malware Fighter PRO ユーザーのみ利用可能となっています。

ダウンロードプロテクト - 悪質なファイルから PC を守るために、ダウンロードしたファイルをスキャンします。

DNS 保護 - システムのDNS 設定がマルウェアによって変更されないよう保護します。詳細 リンクをクリックして保護したい DNS 設定を選択して下さい。

プラグイン/ ツールバー クリーナ - 悪質なブラグイン/ツールバーからブラウザーを保護します。現状、Internet Explorer と Firefox に対応しています。 [管理] をクリックして不要なプラグイン/ツールバーを IObit Uninstaller でアンインストールします。IObit Uninstaller をお持ちでない場合は、[アクションセンター]からインストールすることができます。

ウェブサーフプロテクト&広告ブロック - 様々なオンライン上の脅威から PC を保護して安全なウェブサーフィン体験を確立し、ウェブ上の邪魔な広告をブロックします。現状は、Internet Explorer, Google Chrome と Firefox に対応しています。

セキュリティガード

サイドバーのセキュリティガードをクリックすると セキュリティガードウィンドウが開きます。IObit Malware Fighter では 8個のガードがシステムを様々な脅威から保護します。

注:IObit Malware Fighter PRO 版では全てのガードをご利用頂けます。

それぞれのガードにマウスを移動させると、次のように詳細説明が表示されます。

ネットワークガード - 脅威のあるサイトをブロックします。

MBR ガード - GoldenEye や Petya 攻撃のような MBR を標的とする悪意のある攻撃から保護します。

ファイルガード - 不明なファイルを実行する時に脅威をスキャンします。

カメラガード - 悪質なプログラムによる不正なアクセスからカメラを保護します。

スタートアップガード - スタートアップ時にマルウェアの可能性があるファイルをブロックします。

USB ガード - USB デバイスのウイルスから PC への感染を予防します。

プロセスガード - RAM で起動する悪質なプロセスを検出します。

悪質な挙動ガード - 悪質な挙動を分析し、脅威を検出します。

[保護履歴]をクリックして、保護履歴の詳細を確認することもできます。

保護レポート - 検出された脅威と分析したファイルの合計数を記録しています。

最近スキャンした項目 - セキュリティガードにより検出された脅威の詳細を表示しいます。

アクションセンター

さらに安全な保護と高いパフォーマンスのために、アクションセンターでは 人気の IObit ソフトをご紹介しています。インストールしたらアクションセンターから直接プログラムの起動ができます。または興味のあるプログラムの詳細情報を確認してインストールする事もできます。

: 右中にある[非表示]をクリックして非表示にしたり、右下にある[表示]をクリックして再度表示する事ができます。

設定

スクリーンの右上にあるをクリックして、[設定]をクリックすると IObit Malware Fighter の設定画面が表示されます。お好みで変更して下さい。

注: [適用]ボタンと[OK]ボタンをクリックして変更を保存するのを忘れないようにして下さい。

システムトレイアイコン

IObit Malware Fighter をインストールすると、システムトレイに、IObit Malware Fighter のアイコンが表示されます。データベースが古くなっている場合、通知が届きますので、[今すぐ更新]をクリックするとデータベースの更新ができます。データベースが最新の場合に、アイコンにマウスを移動すると PC のステータスと3個のエンジンが表示されます。すべてのエンジンがオンになっている時は、[今すぐスキャン]と表示されますので、クリックすると直接スキャンできます。エンジンが一つでも無効になっている場合は[オン]ボタンをクリックして有効にできます。またガードがオフになっている場合も通知が届きます。もちろん3日以上PCをスキャンしていない場合も表示がされます。以下のよくある状況をご覧下さい。

システムトレイにある IObit Malware Fighter のアイコンを右クリックすると、以下のようなコンテキストメニューが表示されます。

[IObit Malware Fighter を開く] - IObit Malware Fighter のメインwウィンドウを開く。

[スマートスキャン] - スマートスキャンを実行する。

[ランサムウェアガード] - 直接ランサムウェアガードウィンドウを開く。

[ブラウザー保護] - 直接ブラウザー保護ウィンドウを開く。

[リアルタイム保護を無効化] - [プログラムを再起動するまで][次に有効化するまで]のどちらかを選んで、リアルタイム保護を無効化で来ます。

PC をマルウェアやウィルスから保護するため、バックグラウンドでリアルタイム保護を実行し続ける事を強くお勧めします。

[更新情報を確認] - プログラムとデータベースが最新か確認できます。

[終了] - IObit Malware Fighter を終了する。

注: 操作方法で分からないことがあれば、IObit Malware Fighter よくある質問ページをご覧下さい。

クラウドセキュリティ

右上にあるをクリックして、クラウドセキュリティウィンドウを開き、IObit クラウドセキュリティ統計の詳細をご覧下さい。疑わしいファイルを Iobit クラウドにアップロードして診断することもできます。

[ファイルの安全性を診断] - このボタンをクリックし、Iobit クラウドに疑わしいファイルをアップロードすると、ファイルのスキャンレポートが表示されます。

[サンプルを提供] - このリンクをクリックすると、フィードバックウィンドウが開きます。そこにファイルを提供しサポートチームにご連絡下さい。

誤検出を報告する

誤検出はマルウェア対策プログラムで、悪質なファイルを検出する際にたびたび起こってしまいます。当社ではそういった事が発生しないよう常に努めてはおりますが、実際 IObit Malware Fighter を含む全てのセキュリティソフトで誤検出は避けられない状況となっております。誤検出が発生した際は、報告の前に以下のステップを踏んで頂きたいと考えております。

1. IObit Malware Fighter を最新のデータベースに更新した事を確認して下さい。

2. [レポートを保存]をクリックしてスキャン結果を保存して下さい。

3. こちらをクリックして疑わしいファイルを VirusTotal へアップロードして他のセキュリティソフトによって悪質なファイルだと報告されていない事を確認します。

4. 誤検出をレポートする方法は2つあります。

1) スキャン結果の[誤検出をレポート]をクリックして、フィードバックウインドウを開いてご連絡下さい。[添付]をクリックして誤検出ファイルを選択し、[送信]ボタンをクリックします。もし可能であれば、Virus Total の診断レポートリンクもお送り下さい。

2) 誤検出リンクをクリックして IObit フォーラム(英語)に接続し、レポートを投稿して頂きますと IObit サポートが頂いた情報を確認し、善処いたします。

テクニカルサポート

お客様からのフィードバックをお待ちしております。フィードバックにはいくつかのチャンネルをご用意しています:

まずはよくある質問をご確認ください。

IObitフォーラム(英語)

質問や懸念事項をIObit フォーラム(英語)に投稿し、多くの経験豊かな熱心なユーザーや技術スタッフと話しあって下さい。

オンラインフィードバック

よくある質問または Iobit フォーラムで回答が見つからない場合は テクニカルサポートにご連絡下さい(Free版はサポート対象外となります)。

謝辞

すべての IObit Malware Fighter ユーザーとベータテスターは、この製品をより良く、より良くするよう動機づけてくれました。

IObitフォーラム管理者、スーパーモデレーター、モデレーターは、タイムリーにフォーラムユーザーに支援を提供することに専念しています。

IObit Malware Fighter ユーザーエクスペリエンスを向上させ、世界中のより多くのユーザーに紹介するボランティア翻訳者に感謝します。

IObit Forums Administrators, SuperModerators and Moderators, Enis Özsaruhan, X-agon Co. Ltd., عبدالرحمن نبهان, Alan, Jindra Světošlápek, Veikko Muurikainen, Roland LALIS, Eli Ben David, Claudio Birello, JaeHyung Lee, IGOR RUCKERT, Андрей Кравцов, Ilija Komljenović, Miroslav Šťastný, Marjan Mirai, Roberto Paiva, Lars Andersen, Hans Niesten, Verberne Chris, Egon Jäkel, Stathis Doukas, Mieczyslaw Grabowski, Fernando Santos, Cosmin Barna, Brechler Zsolt, Jan Ågren, Thor Stange, Tony Nguyễn, Mihail Tinchev.