Windowsパソコンが重くなってきましたか?
 
パソコンを使っていくと、買ったばかりの軽いサクサクな時と比べて、だんだん動きが遅く、重くなっていきませんか?
それは、パソコンの記憶装置であるハードディスクが繰り返し使われるうちに、データが散在してしまう“断片化”が原因の一つです。
 
では、それを解決してデータアクセススピ―ドを高速化するにはどのような方法があるのでしょうか?
 
軽くてサクサクにする方法とは
 
断片化したデータを整理整頓し最適化する“デフラグ”をすることで解決できます。
Windowsのデフラグの仕方は、コントロールパネルから行うことができます。

デフラグを定期的に行っていれば、そこまでパソコンが重くなることもないでしょう。
 
もっと簡単にできる方法!
 
しかし、これらを手動で継続して行うことは大変ではないでしょうか?

さらに、最近は大容量ハードディスクが使われていることもあり、デフラグに長時間かかるためとても面倒なんじゃないかと思います。
 
そこで私が一つの手段として提案したいのはSmart Defrag というデフラグツールを使うことです!
大容量ハードディスクにも対応する最新のデフラグエンジンを備え、 短時間でディスクを最適化しパソコンのデータアクセスを高速化してくれます。


パソコンの処理速度が最近落ちてきたけど、手間のかかる対処をするのが面倒だという方に、無料版もあるのでぜひ一度試していただきたいと思います。
 
 

さらに詳しく知りたい方は下のリンクをクリック↓
 

 

 
 
Smart Defrag のメイン機能
 

効果的なデフラグ

ディスク性能の高速化

「Boot Time Defrag」技術

 
 
 
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 

【この記事でご紹介した無料ソフトの詳細はこちら】