パソコンを使っていて「遅い」「重い」原因のひとつに「ジャンクファイル」があります。ジャンクファイルというのは、パソコンを使っているだけで、知らず知らずのうちに一時ファイルやゴミ箱の中のファイルなど不要なファイルのことです。気付かずに蓄積され、パソコンのドライブの容量を圧迫したり、パソコンのスピードが遅くしたりする原因につながります。

ここでは、Windowsパソコンが「遅い」「重い」ときに、誰でもカンタンにできる即効ワザを2つご紹介します。

それではそれぞれの手順をみていきましょう。



(手順1)Windows に搭載された「ディスククリーンアップ」でジャンクファイルを削除する

ディスククリーンアップは Windows標準のメンテナンス機能で、ドライブ上の不要なファイルジャンクファイルを削除してドライブの空き容量を確保することができます。

1. タスクバー上の「エクスプローラー」をクリックします。

 

2.「エクスプローラー」が表示されたら、画面左側のナビゲーションウィンドウから「PC」をクリックします。

 

3.「PC」が表示されたら、ディスククリーンアップをおこなうドライブをクリックして、「ドライブツール」タブをクリックし、管理グループの「クリーンアップ」をクリックします。
例として、「Windows(C:)」のドライブをクリックします。

 

4. 空き領域を計算されるのを待ちます。


 

5.「ディスククリーンアップ – Windows(C:)」が表示されたら、「削除するファイル」から削除したくない項目のチェックを外して「OK」をクリックします。

 


(手順2)おすすめのフリーソフト「Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)」でジャンクファイルを削除する

Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)は、ジャンクファイルをワンクリックで削除できるフリーソフトです。ディスククリーンアップではできない複数のドライブをまとめておこなうことができます。


1. Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)を起動して、クリーン&最適化で「ジャンクファイルクリーン」にチェックを入れたら「スキャン」をクリックします。

 

2. スキャンが完了したら、「修復」ボタンをクリックします。

 

3. ワンクリックでジャンクファイルの削除が完了します。

 

また、Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)は、ジャンクファイルのほかに、11種類の「クリーン&最適化」機能で、Windowsパソコンが「遅い」「重い」ときにカンタンに解消することができます。

 

パソコンの遅い重いを 1 クリックで解消、世界2億5千万人が愛用する高速&快適化アプリ