パソコンは使っていくうちに起動が遅くなっていくことがあります。これは起動時に欠かせないソフトウェアのほかに、必ずしも必要ではないソフトウェアが追加されていくことでおこります。ソフトウェアをインストールすると、スタートアップ項目に追加される場合がありますので、いつのまにかパソコンの起動が遅くなってしまうということにつながるのです。

ここでは、パソコンの起動が遅くなってしまったとき、すぐにスタートアップを高速化する方法を2つご紹介します。

それではそれぞれの手順をみていきましょう。



(手順1)Windows の「タスクマネジャー」でスタートアップを最適化する

ディスククリーンアップは Windows標準のメンテナンス機能で、ドライブ上の不要なファイルジャンクファイルを削除してドライブの空き容量を確保することができます。

1. Ctrlキー + Shiftキー + ESCキーを押して「タスクマネジャー」を開きます。

2.「タスクマネージャー」が表示されたら「スタートアップ」タブをクリックし、自動的に起動させたくないソフトをクリックします。 ここでは例として、「Google Chrome」をクリックします。

 

3. 画面右下の「無効にする」をクリックします。


 

4. 2~3を不要なスタートアップ項目の数だけ繰り返します。

 


(手順2)おすすめのフリーソフト「Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)」でスタートアップを最適化する

Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)は、不要なスタートアップ項目をワンクリックで最適化できるフリーソフトです。タスクマネジャーではできない複数の項目の最適化をまとめておこなうことができます。


1. Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)を起動して、クリーン&最適化で「スタートアップ最適化」にチェックを入れたら「スキャン」をクリックします。

 

2. スキャンが完了したら、一覧から不要なスタートアップを選択して「修復」ボタンをクリックします。

 

3. ワンクリックで不要なスタートアップの無効化が完了します。

 

また、Advanced SystemCare(アドバンスト システムケア)は、スタートアップ最適化のほかに、11種類の「クリーン&最適化」機能で、Windowsパソコンが「遅い」「重い」ときにカンタンに解消することができます。

 

パソコンの遅い重いを 1 クリックで解消、世界2億5千万人が愛用する高速&快適化アプリ