インターネットを閲覧しているときに、読み込みが遅かったり画面が固まったりしてしまうと、ちょっとイライラしますよね。大切なメールを送ったり、何かを予約したりしているときにトラブルが起これば、きちんと送信されたか気をもむこともあるでしょう。そこでこの記事では、ネットにつないでいるときに「パソコンが重い」「遅い」と感じたときに考えられる原因と、その解決方法を説明していきます。

目次

1.ネットが重い原因と解決方法

1-1.ネット側や接続方法の問題の場合

1-1-1.通信障害
1-1-2.ネットへの接続方式


1-2.ネットへの接続機器に問題がある場合

1-2-1.モデム・光回線終端装置(ONU)・ルーター
1-2-2.無線LAN(Wi-Fi)
1-2-3.有線LAN


1-3.パソコンのインターネット関連部分に問題がある場合

1-3-1.ブラウザのバージョン
1-3-2.キャッシュの蓄積


1-4.パソコン全体の動作について問題がある場合

1-4-1.バックグラウンドで動作しているソフト
1-4-2.不要なレジストリの蓄積
1-4-3.パソコンの空き領域不足
1-4-4.ウイルス・スパイウェア


2.高速化ソフトは「Advanced SystemCare(アドバンスド システムケア)Free」がおすすめ

ネットが重い原因を解決して快適なPCライフを!


1.ネットが重い原因と解決方法

インターネットを利用中にパソコンが重いと感じる原因は、大きく分けると「ネット側や接続方法の問題」「ネットへの接続機器」「パソコンのインターネット関連部分」「パソコン全体の問題」の4つがあります。それぞれトラブルが起こる原因や内容、解決方法は異なるので、個々のケースについて詳細を見ていきましょう。

1-1.ネット側や接続方法の問題の場合

ネット接続に問題が出たときまず思い浮かぶのは、パソコンやネットへの接続機器といった、物理的な機器が故障したかもしれないということなのではないでしょうか。しかし、必ずしもこれらが要因というわけではなく、ネット側の通信障害や接続方法の可能性もあります。ここでは、具体的な内容を説明していきます。

1-1-1.通信障害

ネットが重い原因が通信障害にある場合は、インターネット回線やプロバイダーの通信障害が原因として考えられるでしょう。通信障害が起きているかの確認は、使用しているインターネット回線やプロバイダーのウェブページなどで行えます。事業者は場合によって、メンテナンスをしているかもしれませんし、DoS攻撃という外部からの攻撃を受けているかもしれません。

そのような情報は、事業者のウェブベージで公開されていることがあるのでチェックしてみましょう。もし、原因が通信障害だったなら、解決方法は通信障害からの回復を待つことだけで、特にほかにできることはありません。そのため、あまりに頻繁に通信障害が起きるようであれば、プロバイダーの変更を検討するのもひとつの方法です。

1-1-2.ネットへの接続方式

接続方式にネットが重くなる原因があるケースでは、使っているインターネット回線のIPアドレスがIPv4方式の場合、ネット回線の混雑によって接続が重くなっている可能性が指摘できます。現在、IPv4方式でネットに接続しているのなら、IPアドレスをIPv6方式に変えるだけで、ネットの回線速度が大幅に改善することがあります。現在の接続方式については、各プロバイダーのウェブページなどにアクセスするだけで簡単に調べられるので、ぜひチェックしてみましょう。

少し手間をかけるだけで回線速度が飛躍的に上がるのなら、やってみて損はないですよね。注意点として挙げられるのは、IPv4からIPv6への変更方法は、各プロバイダーによって異なるということです。ほかのプロバイダーの情報は参考にならないので、自分が使用しているところのウェブページなどで確認することが重要です。

1-2.ネットへの接続機器に問題がある場合

ネットへの接続機器がトラブルの原因である可能性もあります。多くの場合、LANやモデムが原因になってネットが重くなっているケースがあるので、確認してみましょう。ここでは、それぞれの具体的な内容について説明していきます。

1-2-1.モデム・光回線終端装置(ONU)・ルーター

モデム・光終端装置・ルーターなどのネット接続機器によってネットが重くなっている可能性がある場合は、まずこれらの接続機器の状態を今一度よく確認してみましょう。これらは、一度接続してしまえばそのままにしてしまいがちなものですよね。

人によっては、何年も変更していないかもしれません。これらの機器は、インターネットを毎日長時間利用することで不調を起こす恐れがあり、それが原因でネット回線への接続が不安定となるケースが散見されます。

ネット接続機器に問題があると考えられるなら、まずこれらの機器を再起動すると改善の可能性があるでしょう。再起動方法は機器によって異なりますが、一般的にはまず電源コードを抜き、すべてのランプが消えた後に10秒くらい経ってからもう一度電源コードを差し直します。つまり、再起動とは機器を操作するような難しいものではなく、簡単に行えるものなのですね。電源コードを差し直したら、不具合が解消されたかどうかを確認していきましょう。

1-2-2.無線LAN(Wi-Fi)

通信速度が遅い原因が無線LANにあると考えられるケースでは、設置場所が悪くてネットにつながりにくくなっていることがあるので確認しましょう。無線LANは、壁などの障害物や水槽、電子機器などの近くだと影響を受ける恐れがあります。

通信速度が遅くなったり接続が不安定になったりしやすいので、それらの近くに設置するのは避けましょう。無線LANの電波は、水平方向360°と下方向に向かって飛ぶので、まわりに障害物のない場所を選んだり、部屋の中央近くでなるべく高いところに設置したりします。

また、無線LANに複数の機器を同時につないでいると、電波が分散するので通信速度が遅くなりやすいです。無線LANへは、そのときに使う機器だけをつなぐよう工夫することで、速度の安定に貢献します。

1-2-3.有線LAN

有線LANもまた、ネットが重くなる原因のひとつになります。有線LANの場合、ケーブル自体に問題があることが多いでしょう。ケーブルが無理に曲がっていたり、ケーブルのうえに物を置いたりしていると、なかで断線していることがあるのです。断線は自分で直しようがないので、新しいケーブルに交換しましょう。

また、断線していない場合は、ケーブルの設置のしかたを見直す必要があります。無理やり曲げたり、椅子でひくなどの衝撃を与えたりしないような置き方をすることで、通信速度の改善が見込めます。

さらに、LANケーブルを昔から長く使っているケースでは、規格が今のものと違うせいで通信速度が出ていない可能性もあるでしょう。その場合は、現在の規格のケーブルに交換するだけで、通信速度が改善されることもあります。”

1-3.パソコンのインターネット関連部分に問題がある場合

通信が低速な場合、パソコンのインターネットに関連する部分が影響している可能性もあります。ここでは、その原因と解決方法について説明していきます。

1-3-1.ブラウザのバージョン

ネットを閲覧するときのソフトはブラウザといいます。ブラウザの代表的なものには、Google ChromeやInternet Explore(IE)、safari、Firefoxなどがありますよね。ブラウザのバージョンが古い場合、通信速度が出ないことがあります。

ブラウザは適宜新しいバージョンが発表されているので、その都度アップデートすることがポイントです。新しいバージョンのブラウザは、前バージョンの不具合に対応して改善していたり、新しい機能を搭載していたりと、使い勝手が良くなっていることも多いです。そのため、もし今使っているブラウザが最新バージョンでないならば、最新のものへとアップデートすることで問題が解決される可能性があるでしょう。

【おすすめ】無料ソフトアップデート支援ソフト「IObit Software Updater(ソフトウェアアップデーター)
パソコン内のソフトウェアをまとめて最新バージョンに更新することができますよ。

1-3-2.キャッシュの蓄積

重いネット接続は、キャッシュが蓄積されていることが原因のこともあります。キャッシュとは、インターネットの閲覧を速くするためのしくみのことです。一度見たウェブページのデータを保存しておき、次に同じページを見るときにデータの読み込みの負担を軽くすることができ、画面の表示速度が速くなるのです。キャッシュの保存容量は、ブラウザによって決まっています。

前述のように、キャッシュが多くたまっていればいるほど、すでに閲覧したベージに関しては読み込みが速いです。しかし、新しいページを開くのには時間がかかってしまいます。この問題は、キャッシュを削除すれば改善されます。キャッシュの削除方法はブラウザによって異なるので、現在使用しているブラウザでキャッシュを空にする方法を調べてみましょう。

【おすすめ】無料メンテナンスソフト「Advanced SystemCare(アドバンスドシステムケア)
パソコンの快適さをたもつにはメンテナンスが大切です。このソフトは専門知識不要であなたに代わって高度なメンテナンスをおこなうことができます。

1-4.パソコン全体の動作について問題がある場合

インターネットを閲覧するときだけではなく、パソコンを使っていていつも処理速度が遅いように感じるケースもあるでしょう。その場合は、パソコン自体に問題がある可能性が高いです。パソコンが重い、あるいは遅いときに考えられる原因と解決方法について見ていきましょう。

1-4-1.バックグラウンドで動作しているソフト

パソコンが重いと感じる原因のひとつに、バックグラウンドで動作しているソフトに何らかの不具合があるケースがあります。パソコンでは、自分が使っているアプリケーションやソフト以外にも、バックグラウンドで動いているソフトがあるからです。

バックグラウンドで動いているソフトが多ければ多いほど、そちらにリソースが割かれてしまいます。ブラウザなど自分が使っているソフトの処理速度が遅くなっている可能性が高く、その結果パソコン自体の動作が遅くなってしまうのです。

解決法としては、パソコンの起動と同時に立ち上がる設定になっているソフトを手動で立ち上げるように設定を変更したり、バックグラウンドでの動作が不要なソフトを停止したりすることで、パソコン全体の処理速度の改善が見込めるようになります。また、バックグラウンドで動いているソフトのうち、使っていないものや今後も利用予定がないものについては、アンインストールするのも処理速度改善のために役立つ方法です。

【おすすめ】無料アンインストール支援ソフト「IObit Uninstaller(アンインストーラー)
使わないアプリをまとめてアンインストールすることができますよ。

1-4-2.不要なレジストリの蓄積

不要なレジストリの蓄積があることでも、パソコンが遅くなるでしょう。レジストリとは、パソコンに関するあらゆる情報を集約したデータベースのことを指します。レジストリは、パソコンを使っている間、データを参照したり読み書きしたりしています。

そのため、長時間あるいは長期間にわたってパソコンを使用していると、どんどんレジストリは蓄積し、肥大化していくので注意が必要です。肥大化したレジストリには、すでに必要がなくなっているデータなども残っており、こういったものが多いほどパソコンの処理動作が遅くなります。

不要なレジストリがたまっているならレジストリエディタを使うことで、不要な分の削除が可能です。ただし、どれが必要でどれが不要なレジストリかは、ある程度知識がないと判断できるものではありません。そのため、自信がないなら触らないほうが良く、下手に触ると動作に不具合が起きる場合があるので注意しましょう。

【おすすめ】無料メンテナンスソフト「Advanced SystemCare(アドバンスドシステムケア)
パソコンの快適さをたもつにはメンテナンスが大切です。このソフトは専門知識不要であなたに代わって高度なメンテナンスをおこなうことができます。

1-4-3.パソコンの空き領域不足

パソコンの空き領域が不足していると、パソコン全体の処理速度に悪影響が出ることにも留意しておきましょう。パソコンの各ドライブの空き領域や合計サイズを確認し、空き領域が少なくなっている場合はファイルを削除します。

空き領域を増やすことで、パソコン全体の処理速度が上がる可能性が高くなります。また、ディスククリーンアップという機能を実行したり、インターネット一時ファイルを削除したりすることでも、空き領域を確保することができるので試してみる価値はありますね。

【おすすめ】無料メンテナンスソフト「Advanced SystemCare(アドバンスドシステムケア)
パソコンの快適さをたもつにはメンテナンスが大切です。このソフトは専門知識不要であなたに代わって高度なメンテナンスをおこなうことができます。

1-4-4.ウイルス・スパイウェア

パソコンが、ウイルスやスパイウェアなど、悪意のあるプログラムに感染しているときも、動作が遅くなる可能性があります。それらのプログラムが悪さをしているせいで、パソコンの処理速度に悪影響が出ているパターンも考えられるからです。

もし、パソコンがウイルスやスパイウェアに感染してしまったら、ウイルス対策ソフトなどのセキュリティソフトを用いれば駆除できます。ウイルスなど悪意あるプログラムに感染すると、パソコンの処理速度に影響するのみではなく、データを抜きとられるなどの犯罪に巻き込まれる危険性もあるでしょう。パソコンを安全に使うためにも普段からセキュリティソフトを入れておき、常に安全対策を万全にしておくことが重要ですね。

【おすすめ】無料セキュリティ対策ソフト「IObit Malware Fighter(マルウェアファイター)
いまお使いのセキュリティ対策ソフトと併用して、セキュリティを強化することもできます。

2.高速化ソフトは「Advanced SystemCare(アドバンスド システムケア)Free」がおすすめ

パソコン全体の動作が重い・遅いと感じるときには、高速化ソフトを使うことで簡単に解決できる可能性があります。高速化ソフトはいろいろあるものの、とりわけおすすめは「Advanced SystemCare(アドバンスド システムケア)Free」です。おすすめの理由は、まず使い方が簡単な点です。

1クリックでパソコンの重い・遅いといったトラブルを改善でき、パソコンが重い原因にひとつひとつ対応しなくとも、このソフトひとつでまとめて改善できるのです。

また、世界で2億5000万人もの人が利用しているソフトなので、信頼性が高く安心して使えるのも魅力ですよね。こちらはフリーソフトなので、無償で利用できます。さらに、有償版の「Advanced SystemCare Pro」にアップグレードすると、PCの更なる高速化も見込めます。

こちらはパソコンの高速化・快適化だけではなく、セキュリティ対策や個人情報の保護機能なども搭載しているため、これひとつでパソコンに関するさまざまなトラブルの解決が見込めます。パソコンが重いと悩んでいるのなら、ダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。”

【おすすめ】無料メンテナンスソフト「Advanced SystemCare(アドバンスドシステムケア)
パソコンの快適さをたもつにはメンテナンスが大切です。このソフトは専門知識不要であなたに代わって高度なメンテナンスをおこなうことができます。

ネットが重い原因を解決して快適なPCライフを!

この記事では、インターネットを利用しているときにPCが重く感じられる原因と、その解決方法について説明してきました。個人でできる対処法もありますが、パソコンに詳しくないと難しい方法もあります。一方、「Advanced SystemCare(アドバンスド システムケア)Free」のような、簡単にパソコンの状態を改善できるものもあるので、この記事の内容を試して、快適なPCライフを送っていきましょう。

【おすすめ】無料メンテナンスソフト「Advanced SystemCare(アドバンスドシステムケア)
パソコンの快適さをたもつにはメンテナンスが大切です。このソフトは専門知識不要であなたに代わって高度なメンテナンスをおこなうことができます。



ご紹介した無料ソフトの一覧はこちら

無料ソフトで重いPCを高速化して快適なデジタルライフを楽しんでくださいね。